アスハダに応用!正しい美容液の使い方や順番はこれで決まり!美肌への近道

アスハダに応用!正しい美容液の使い方や順番はこれで決まり!美肌への近道

毎日のお手入れにアスハダなどの美容液は使っていますか?

 

せっかくお金を払って美容液を使っていても、誤った美容液の使い方では、
期待した効果は得られず、美肌へも近づけません・・・
あなたに合った美容液の使い方や選び方をマスターしてくださいね。

 

 

よくある間違った美容液の使い方を紹介

よくある間違った美容液の使い方を紹介

 

美容液は正しい使い方、適切な手順番で美肌は作るもの!

 

自分なりに美容液を使っているけど、期待するほど美肌効果が得られない・・・。

 

 

・欲張ってもだめ!美容液は重ねづけしても効果はない

 

肌の悩みがいくつもあるからと、「これなら美容液の効果が期待できそう」と、
エイジングケア美容液のアスハダや、他にも良さそうな美容液など・・・
何個も見つける事ができる現代です。
また、肌の悩みがたくさんありすぎるためか、悩みごとに美容液を選んでしまい、
いくつもの美容液を併用してしまうようなこともあるとか・・・。

 

 

・美容液の重ねづけは基本的にNG!

 

いくつも使ったからと、相乗効果が期待できると思いがちですが、
現実はその逆になる可能性が大だからです。
また、避けたいのが、組み合わせによって肌に刺激やトラブルを起こす危険性です。
さらに、肌に美容液をたっぷり染み込ませたいあまりに、
たっぷり美容液をつけても、
私達の肌には、肌に吸収できる量が決まっています。
要は、重ねづけしてもあまり意味がないということです。

 

 

美容液の重ねづけはデメリットばかり!

美容液の重ねづけはデメリット

 

美容液のつけすぎ注意!適量使用を守ろう!

 

 

・手っ取り早く美容液の効果を実感したい!
・すぐに肌の悩みを解決したい!
・過ぎ去った季節をエイジングケア美容液で取り戻したい

 

と思うあまりに多めに美容液をつけてしまうことはよくあるでしょう。

 

いくら正しい使い方や順番で美容液をつけても、
肌が皮膚に表面から栄養を吸収できる量には限りがあります。
ですから、それ以上の美容液やスキンケア製品を重ねづけしても肌には吸収されず、
結局「美容液のムダ」になり、コスパも悪くなるだけです。

 

 

美容液のつけすぎデメリットとは?

 

美容液のつけすぎデメリット
・美容液のつけすぎのデメリットが、肌を乾燥させる危険性
もともと肌は自ら皮脂を分泌させて肌を潤わせようと頑張っています。
その頑張りを美容液の影響で弱くしてしまうこともあります。

 

 

・美容液のつけすぎで酸化がすすむ危険性も!
潤い効果に特化した美容液には油分が多く含まれていることがあります。
それがもとで、紫外線に触れ肌を酸化させては大変です!

 

・シミ
・くすみ
・ニキビ
このような女性の3大肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまいます。

 

 

・肌荒れを美容液で改善しようとしていませんか?
様々な原因で肌は荒れてしまいます。
そんなときは栄養たっぷりの美容液なら
肌コンディションが改善するかも?なんて考えるかもしれませんね!

 

実は・・・肌荒れしているときは美容液の使用は控えた方がいいんです。
肌が荒れているときは肌のバリア機能も低下しているサインです。
そんな時に美容液が肌にとって刺激になっては、
肌荒れを悪化させることにつながってしまいます。

 

 

・美容液が肌荒れやトラブルの原因になりうる
肌荒れが治ったからと美容液を使用し、
再度肌荒れを起こしてしまったときは、
その美容液はあなたの肌質には合わなかったと思ったほうが無難ですね。

あれもこれもと複数の美容液を使いたいときは?

私達の肌は朝、昼、夜と肌状態は違いますよね。
その時の肌状態で美容液を変えてみたくなることもあります。
でも、どうしたら肌トラブルなく複数の美容液を使い分けられるのでしょう?

 

複数の美容液を使いたいときのポイント!

 

複数の美容液を使いたいときのポイント

 

・朝と夜で美容液を使い分け
朝は今まで使っていた美容液、夜はしっかりエイジングケアのアスハダ美容液なんてのもいいですね。

 

・部位ごとに複数を使い分け
目元のエイジングケアにはアスハダ美容液、他の部位は今まで使っていた美容液で効果的に。

 

・一定のサイクルで美容液を変える
今の美容液、残っているけどちょっと試したい!そんな時ありますよね。

 

・肌の状態で使う美容液を決める
私達の肌は敏感です。肌の状態はよくみてくださいね。

 

 

このように、一定のポイントを踏まえ
同じ部分に二種類以上の美容液を重ねないように工夫が必要ですね。
このときも、美容液の正しい使い方や順番は一緒です。
美容液の効果を最大限に生かしましょう。

 

 

化粧水と美容液を混ぜてもいいの?

アスハダに応用!正しい美容液の使い方や順番はこれで決まり!美肌への近道

 

時間がないし・・・スキンケアを時短できたら・・・
面倒だから・・・
使い方や順番なんて無視無視!
混ぜても効果は変わらないでしょ!
な〜んて思っている方必見です!

 

化粧水と美容液や乳液などの基礎化粧品と混ぜて使っても大丈夫?

 

スキンケアの定番になって10年以上経ったかなぁ・・・
化粧水、美容液、クリームなどの機能が1つになった多機能化粧品。
オールインワンはスキンケアの時間を大幅に短縮したアイテムとして高い人気があります。

 

美容液もオールインワン化粧品や乳液、クリームと混ぜて使えば時間短縮になる!!
なんて思って混ぜて使っていませんよね?
もし、混ぜていたのなら・・・
その使い方は間違いです。すぐにやめてください!

 

そもそも美容液と他の化粧品を混ぜ合わせると、
成分によっては分離したり、せっかくの美容液の浸透が悪くなってしまうことがあります。
時間がなくても分けて、使い方や順番は守りましょう。

美容液の使用期限は?開封してからどのくらい?

 

 

この美容液いつから使ったかなぁ?
と、思うことありますよね!

 

美容液は他の基礎化粧品よりも高価な場合が多く、
また、高価な美容液を購入するともったいなくて「ちびちび」使う、
いくつもの美容液を使い分けているから、
なかなか美容液が減らない・・・こんなことありますよね?

 

美容液も鮮度は大切

 

口に入れるものではありませんが、肌に直接つけるものですので、
あまりにも時間が経過している美容液は使わないことをおすすめします!
また、有効成分としてビタミンC誘導体を使用している美容液は注意しましょう。
ビタミンC誘導体は酸化に弱い性質です。
紹介しているアスハダ美容液にもビタミンC誘導体が配合されています。
美容液は酸化した状態で肌に使用しても期待の効果は得られません。

 

 

美容液(アスハダ美容液も)は開封してから1〜3か月で使い切る

 

美容液は開封してから1〜3か月で使い切る
美容液は直接肌につけるものです。長くてもワンクールでの使い切りをめどにしましょう。
また未開封の美容液ですが購入してから3年以内には使うようにしてください。

 

 

美容液には夏に冷蔵庫に入れるタイプもあります!

 

美容液は鮮度も大事です。
鮮度を保つためにも保管場所には気をつけましょう。
直射日光のあたる場所や温度の低すぎる場所、
高すぎる場所には保存しないようにしましょう。

基本が鉄板!美容液の正しい使い方や順番

美容液は正しい使い方、順番でこそ高い効果が得られます。
効果を実感しやすくするためにも、美容液の正しい使い方をマスターしましょう。

 

 

これが鉄板!アスハダ美容液にも応用!の正しい使い方順番

これが鉄板!アスハダ美容液にも応用!の正しい使い方順番

 

美容液はいくつものスキンケアのどのタイミング(順番)で使用したらいいのでしょう?
スキンケアの基本的な順番はこれ!

 

@クレンジングまたは洗顔
A化粧水
B美容液
C乳液またはクリーム

 

クレンジングや洗顔で肌の汚れはしっかりと落とすことがポイントです。
@の化粧水の浸透力が高くなります。

 

化粧水で肌に水分を与え、
肌が柔らかくなることでCの美容液の浸透を助けます。

 

数あるスキンケアアイテムにもよりますが、
美容液の前にクリームや乳液を塗ることで、
それに含まれる油分が美容液の有効成分浸透を妨げるように働いてしまう場合があります。

 

製品の特長によってはスキンケアの化粧水の前につけたりするものがあります。
その場合は商品説明や美容部員さんのアドバイスに従ってくださいね。

 

 

 

多ければいいわけではない!美容液をつけるコツ

 

美容液をつけるときの基本、気を付けたいポイントについてまとめ

 

・美容液は適量を使おう
アスハダ美容液もですが、美容液をつけるときは適量を肌にぬります。
適量は各美容液の商品説明に従ってください。
1,2プッシュ程度が適量という商品が多く見られます。

 

・小分けにして塗る
一種類の美容液を使う場合なら、一か所にまとめて付けてしまうと、
そこから顔全体に美容液を伸ばしていくために肌には必要以上にダメージがかかります。

 

ポイントは・・・
おでこ、小鼻、頬、あごといった顔の各部位に美容液を分けて伸ばしましょう。
このように小分けにつけるとぬりムラも抑えられますね。

 

・エイジングケアが気になる皮膚の薄い部分は指の腹で優しく抑えましょう
乾燥しがちな目の下、ほうれい線など特に気になる部分は美容液を集中して浸透がコツです。
ゴシゴシこすり込むのは絶対にNGです!

 

・仕上げは手の温もりで浸透させよう
美容液を付けたら手のひらで顔全体を覆って美容液を浸透を促しましょう。
顔は温めることで毛穴が開き美容液などの有効成分の浸透力はアップ!
毎日の繰り返しなので、一度使い方をマスターすればそれほど難しくはありませんよ!

 

 

順番や使い方を守って美容液効果アップ!美肌作りに役立てよう

 

美容液の選び方や使い方で間違っていたこと、
習慣的にやってしまっていたことなど・・・・思いあたりませんでしたか?

 

せっかく高いお金を払って美容液を購入してなら、
それ相応の効果は得たいものです。

 

美容液は正しく使うことで高い効果を実感しやすくなりますよ!
美容液を使っている方は自分の使い方を見直して正しい使い方で使うようにしてみてくださいね!

 

つけるときとンパンたたいてパッティングはお肌を傷めるもとに!
美容液をつけて浸透力をアップさせるためにパンパンお肌をたたいてパッティングしていないでしょうか?

 

これは他のスキンケア製品を使用するときにも言えることですが肌を確実に傷めます!

 

正しい順番でスキンケア後には・・・
肌を適度な力でパッティングすると肌の血行を良くして
美容液の浸透を高めてくれるメリットが期待できます。
しかし力が強すぎると逆効果。
肌の毛細血管が切れてしまいます。
それよりも顔全体に美容液をつけて手のひらで顔全体を覆って温めて浸透させましょう。
肌に優しくしかも美容液をしっかりと浸透させるのに有効なのですよ。

 

ASHADA(アスハダ)パーフェクトクリア美容液の口コミや最安値で購入する方法! ページトップ

 

 

 

page top